沖縄県立美来工科高等学校

大会結果の最近のブログ記事

高校生ものづくりコンテスト 受賞者インタビュー③

自動車工学科 3年 渡慶次 碧月 自動車整備部門 九州大会 2位

準備期間:約6ヶ月間

練習内容:3級ガソリン、シャシ整備士登録試験程度の筆記試験、測定作業、12か月定期点検記録等に基づく点検作業、エンジン故障探求作業

大会での様子:本番は緊張しすぎることもなく、いい状態で競技を行うことができた。しかし普段はしないような凡ミスをしていたので競技の難しさを感じました。

受賞した感想:目標としていた優勝にはあと一歩およばなかったけど、自分にできることを全て出し切っての結果なのでとても嬉しく満足しています。

そのほか:後輩たちへ。自分がやりたいと思っていることには積極的に挑戦してください。

高校生ものづくりコンテスト 九州大会 受賞者インタビュー②

電子システム科 3年 座喜味 大輝 電気工事部門 九州大会 2位

準備期間:2019年3月頃から

練習内容:金属管曲げ、ケーブル工事を重点的に練習し、後半は本番と同じように練習した。

大会での様子:九州各県の1位しか出場できないのでレベルが高く、沖縄大会より緊張しました。ですが、だんだんと緊張が和らいできたので練習通りに仕上げられました。

受賞した感想:周りのレベルが高かったので2位になれるとは思ってもいませんでした。練習でやってきたことが本番でも出せて嬉しかったです。3年間続けてきてよかったと思いました。

そのほか:顧問の比屋根先生へ。3年間、私が結果を残せるようにあらゆる指導をしてくださり本当に感謝しています。平日は遅くまで練習に付き合い、土日も指導してくれたおかげでこの結果を残すことができました。また、電子科職員の皆さんも時々アドバイスをくださり助けられました。こうした周りの皆さんの支えがあって今回の結果を残せたと思います。本当にありがとうございました。

高校生ものづくりコンテスト 受賞者インタビュー①

電子システム科 3年 謝名 玲良 電子回路組み立て部門 九州大会 3位

準備期間:2019年4月ごろから

練習内容:顧問の先生に本番と同じような問題を作ってもらい、毎日解いていた。

大会での様子:今までの練習成果が発揮できるように集中していたので、あまり緊張しなかった。

感想:毎年、この部門はレベルが高くて入賞できるか不安だったけど、九州3位という美来工科高校で初の受賞をすることができたので、とても嬉しかった。

そのほか:応援してくれた両親へ、今回の受賞を誰よりも喜んでくれたことに感謝したい。

美来工科高校 野球部 2回戦突破!

令和元年7月9日、コザしんきんスタジアムにて行われた第101回高校野球沖縄大会の2回戦は、美来工科野球部が勝利しました。

主将の野呂内選手の適時打で勝利を呼び寄せました。

美来工科高校

000020300 5

000000000 0

具志川高校

三回戦は7月14日、コザしんきんスタジアム第1試合で八重山高校と対戦します。応援よろしくお願いします。

メインページ | アーカイブ